保育士転職

サイトの説明

【転職】保育士ってどんな仕事をするの?

更新日:

「保育士」という言葉を聞いて子供好きならば「自分も働いてみたい」と思われることも多いはずです。

保育士はメジャーな職業の一つであり、だいたいの想像もつく職業です。

多くの人が子どもの頃に保育園に入園した経験もあるはずですから当然ですね。

しかし、外から見るのと実際に働くのとでは、ずいぶん印象も違います。

これから保育士への転職を検討している人なら、まずは仕事内容がどんなものかを知っておきましょう。

保育士とは?

まずは「保育士」とはどんな職業なのかを知っておきましょう。

保育士は仕事や病気療養などの事情で、一定時間自分の子どもを育児できない保護者に変わって保育する職業のことをいいます。

保育士の勤務する保育施設で預かる子どもの年齢は「0~6歳」とあり、小学校に上がる前の子どもたちが対象になります。

まだ成長しきれていない健康的にも不安定な幼児を預かるのですから重い責任がある職業であり、そのために国家試験を通過した人のみが保育士として勤務することができます。

転職を考えている人でも、保育士資格がない場合は、まずは国家試験に向けた学習から始めることになるのです。

保育士の仕事内容

保育士は保護者に変わってまだ小さな子どもの世話をしますから、かなりの仕事量になります。

以下を参照してみましょう。

  • おむつ交換などの排泄の介助
  • 食事やおやつ、水分補給などの栄養管理と介助
  • 身体を清潔に保つなどの衛生管理と介助
  • 睡眠、運動などの健康管理と介助
  • 協調性やコミュニケーション能力を高めるための教育
  • 食事や身のまりのことなどに対する自主性の教育
  • 音楽や絵画など芸術に触れさせる情操教育
  • 保護者への状態と成長の報告
  • 保護者からの悩み相談

保育士は幼児教育のプロフェッショナルという位置づけのため、子どもの世話や教育だけではなく、保護者の悩み相談を受けることも大切な仕事になります。

保育士の仕事には「持ち替え入り業務」もある

保育士は保育施設での仕事がメインになりますが、どこも人材不足のために園によっては「持ち替え入り業務」というものもあります。

これはサービス残業と同じなので問題視されていますが、現状保育士になったらしなければならないケースがほとんどです。

  • 年間、月案などの書類作成
  • 園だよりなどのチラシ制作
  • 行事で使う小道具などの制作

これらは保育プランに付随する業務で、なくてはならないものです。

園長、施設長の発案するプランに沿って、実際に行動していくのも保育士の仕事になります。

まとめ

親の代わりに子どもたちの世話をするのが保育士のメインの仕事内容になりますが、しつけや教育なども同時に行うためにベビーシッターとは次元の違うものです。

専門的なスキルと知識が必要なことはもちろん、保育や教育に対しての精神性も求められるのが保育士の仕事なのです。

Copyright© 保育士転職 , 2019 All Rights Reserved.